10/26(日)開催!「~住んでるトコと故郷をつなぐ~ トカイ⇔ジモトの「Oターン起業」を育むギャザリング」

久々の更新が、イベントのご案内、しかも今日の明日ですみません・・・。
今回は、主催に加えてスピーカーを務めさせていただきます。


~「現在暮らしている地域で、自分の故郷の魅力を発信したい!故郷の地域資源を活かした活動・事業を始めたい!」そんな思いを応援します~

現役ビジネスパーソンと、地域のコミュニティビジネス(CB)やNPOのプレイヤーをつなぐ団体「好齢ビジネスパートナーズ」。
これまで、「現役プロフェッショナルカフェ」「現役プロフェッショナルととことん考える創業アイデアソン」等のイベントや、月例の「みたか朝活」を三鷹を拠点に行ってきました。

このたび、新たな取り組みとして、東京(多摩地域)と出身地域との地域間交流事業や、故郷の地域資源を活かした創業を、「O(オー)ターン起業」と名付け、支援していくことにしました。

今回は、その第1回企画として、東京と故郷とをつなぐ事業を実践されている方、新たに取り組みを始めた方をスピーカーとして、「東京(多摩地域)×故郷」の可能性を、参加者みんなで考えていきたいと思います。

――――――――――――――――――――――
 イベント概要
――――――――――――――――――――――

「~住んでるトコと故郷をつなぐ~  トカイ⇔ジモトの「Oターン起業」を育むギャザリング」

日 時:2014年10月26日(日)10:30~12:30
会 場:三鷹ネットワーク大学
    (三鷹市下連雀3-24-3 三鷹駅前協同ビル3階)
    https://www.kouza.mitaka-univ.org/info/access.html

プログラム:
 1)事例1―NPO法人大分人祭り 理事長 伊藤 彩子さん
    ・出身者同士のネットワークづくり、東京での魅力発信に取り組むNPOの事例

 2)事例2―meet at KASAMA project 米川 充さん
    ・笠間まちづくり交流ツアーから見えてきた、地域間交流の魅力と、今後の展望

 3)話題提供―笠間市 市民活動課 課長 内桶克之さん
    ・笠間市の地域間交流の取り組みと、
     自治体から見た、都市部在住の出身者とつながることの魅力

 4)フリーディスカッション

参加費:1,000円

定 員:20人

対象者: ・地域でNPOや事業を始めたい!という現役ビジネスパーソンの方
・故郷LOVE!で、その良さをもっと知って欲しいという思いのある方
・都市部と地方との連携、地域間交流に関心のある方

主 催:好齢ビジネスパートナーズ
    http://www.korei-bp.com/
共 催:創業支援センターTAMA (事務局:多摩信用金庫)
    http://www.startup-tama.jp/

お申込は、Facebookイベントページか、好齢ビジネスパートナーズWEBサイトのお問い合わせフォームから。

・Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/347058342130491/

・好齢ビジネスパートナーズWEBサイト
http://www.korei-bp.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B


――――――――――――――――――――――
 スピーカー紹介
――――――――――――――――――――――

□伊藤 彩子さん(NPO法人大分人祭り 理事長)

2007年より、三鷹市のNPO法人鷹ロコ・ネットワーク大楽の理事長として、「東京・三鷹より大分を応援するプロジェクト」をスタート。市内のイベント等に大分のPR出展を行う活動を始める。
2009年に、在京の大分出身者有志による「東京から大分を応援するプロジェクト」として、「第1回 大分人祭り in 東京」を主催。その活動がマスコミにも多く取り上げられ、2012年にNPO法人化。
大分出身や大分ファンの交流イベントをはじめ、自治体や県関連団体とタイアップしてのPRイベントの企画・実施等を行っている。

 ≫NPO法人大分人祭り
 http://oitajin.org/


□米川 充さん(meet at KASAMA project 代表)

会社員生活の傍ら、三鷹市市民協働センターの企画運営委員、おやじの部屋・みたか組、好齢ビジネスパートナーズの事務局をはじめ、三鷹で様々な地域活動に携わる。
2013年より、自身の活動として、三鷹・多摩地域と、出身地の茨城県笠間市をつなぐ「meet at KASAMA project」をスタート。好齢ビジネスパートナーズとの共催での「笠間まちづくり交流ツアー」を、番外編を含め3回実施したほか、イベントへの出展等を行っている。

 ≫meet at KASAMA project(FBページ)
 https://www.facebook.com/MeetAtKASAMA


□内桶 克之さん(笠間市市民生活部 課長)

昭和35年10月1日生まれ 54歳
(学歴)
 日本大学農獣医学部(現在の生物資源科学部)卒業
(職歴)
昭和58年 住宅都市整備公団(横浜市港北ニュータウン 設計業務に従事)
昭和59年 友部町役場採用。下水道課、県下水道課、農村整備課、企画課など
平成18年 笠間市と合併 市民活動課、秘書課
( これまで)
県内初のパブリックコメント手続条例を制定
茨城県新しい公共推進指針策定検討委員
市民活動課長として、民間交番の設置、消費生活センターの外部委託、市民活動ポイント制度の事業化、全国初の県境を越えての広域婚活支援事業(今年度)、全国初のふるさと寄付金の一括業務委託による協働事業(今年度)、市内防犯灯の一括リースによるLED化(今年度)を実施
(活動)
元 茗渓学園中学高校父母会支部支部長
元 友部中学校PTA会長 
元 岩瀬日大高校父母と教師の会会長
笠間市ドッジボールスポーツ少年団団長
茨城県ドッジボール協会 理事
笠間市子ども会育成連合会 理事
笠間焼を使おう・贈ろう運動の実施
(信条)
他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる
一途一心

 ≫笠間市
 http://www.city.kasama.lg.jp/index.html
 ≫笠間市 市民活動課
 http://www.city.kasama.lg.jp/section.php?code=10
――――――――――――――――――――――

コメント