はじめてのおつかい2

昨日書いた、せがれの「はじめてのおつかい」。
実際に見てみたいと思っていましたが、早速私も、せがれの一人でのお買い物を、体験することができました。

昨日の午後は、不安定なお天気のため、せがれと二人、家でゴロゴロ。
で、少し晴れてきたので、近くの酒屋さんにお菓子を買いに行くことにしました。

私がPCに向かっていて、「もう少しでひと段落するからね」と言うと、ここぞとばかりに「じゃあ、一人で行ってこようか?」
少し考えたのち、先日と同じお店ということもあり、思い切って行かせることにしました。

ただ、先日と異なるのは、彼が好きなお菓子を買ってくるというだけではなく、私のおつかいを含んでいること。
ちょうど、茨城のソウルフード「ピーナッツみそ」の禁断症状が出ていたところで、その酒屋さんにはいつも1つ2つ取り扱いがあったので、念のためメモも持たせて送り出しました。
これで、名実ともに、初めての「お使い」です。

そして、先日の相方と同様、道を進んでいくせがれを、ベランダから見守ります。
やはりうれしいのでしょう。こっちに手を振ったりして、ウキウキ気分で歩いています。
そして、道の突き当たりををまがり、酒屋さんへの200メートル弱の道のりのうち、うちから見渡せない1/4の行程へ。

姿が見えなくなった途端、小心者のこちらは、不安でいっぱいです。
改めて、はじめて一人で買い物に行かせられた相方の胆力に感嘆。

3分経過、4分経過、、だんだん心配になってきました。
5分、、、近くの小中学校から聞こえる部活の子たちの大きな声などが、やたら気になります。
6分、7分、、念のため上着を取りにいきます。
8分、これで戻ってこなければ、様子を見に行こうと、上着を羽織って今一度ベランダへ、、、
戻ったところで、、見えました!!

「パパー、買ってきたよ〜!」と、ピーナッツみそを掲げ(笑)、スキップしたり、回転したりしながらこちらへ向かってきます。
今回は、自分のお菓子だけでなく、頼まれた物も買えたということで、非常に満足気でした。

その後、宅急便を出しにその酒屋さんに行き、お礼を申し上げたら、「パパやママと一緒のときよりもしっかりしてるね~」と、褒めてくださいました。

酒屋のおじさん、ありがとうございました!


せがれが買ってきてくれたピーナツみそ


酒屋のおじさん、ご丁寧にありがとうございました



(追記)  よもやあるまいと思ったら、AMAZONでも扱ってた(笑)


コメント