投稿

三鷹市長選挙戦、最終日の朝に

まずはちょっと長めの前置きを。
このブログ、私にとっては3代目のブログになる。 一般向けのブログサービスが広がり始めた頃、略されない「ウェブログ」という言葉が通用していたり、内容も「ウェブ上の日記」がほとんどだった頃、ものは試して始めてみた初代。 そして、その後、政治の世界に片足突っ込んでいたときに、「オフィシャルブログ」(笑)として書いていたブログ。現職でもない身ゆえ、抽象的なことばかり書いていたっけ。 そしてこの3代目。全然書いていないので3代目たり得ているのかとは思うけれど。
まだせがれが小さかった頃に、子育てブログにしようかなとか、昨年PTA役員になったときに、PTA活動日記にしようかと思ったけれど、結局は慌ただしい日常に流されて、開店休業状態。 でも、今回2019年の三鷹市長選挙において、河村孝さんを応援する、そして今回の非常に微妙な構図の中で、それを公言すると決心したことで、ここに書き留めておきたいと思うことができた。
政治活動のブログを辞めて、新しく始めたブログ。その開店休業からの再開が、政治の話題というのも変が感じがするが(笑) TwitterやFacebookにもアップしたけれど、タイムラインに流れていってしまうそれらと異なる「WEB上のログ」として、ここにも上げておきたいと思う。
三鷹市長選挙戦、最終日の朝に
市長選挙とは、単純に次の4年のことを決めるものではない。 新たなことを始める労力はもちろんのこと、一度始めたことをやめる労力を考えれば、4年後に「5期・20年務めた大物市長」の路線を修正するのは、大変な難事となるだろう。

そして何より、三鷹が得意とする「参加」と「協働」は、「多選」に弱い。 
「多選の弊害」とは、多くの場合、本人の劣化ではなく周りの変化で起こるもの。トップに近しい者の「誇り」は、時間とともに「驕り」へと変容する。

幸い、現市政は腐敗しているわけでも、人心と乖離しきっているわけでもない。ただ、政策の優先順位など、「疑問符」は少しづつ増えてきている。

だからこそ今変えるべきなのだ。

もともと、河村さんは現市政を支えていた方であるし、根底には相通ずる部分も多い。
現市政の変えるべき部分を変え、活かすべき部分は活かすという改革が可能なのは今のタイミングしかない。
4年後では、「痛みを伴う大幅な路線転換」にならざるを得ないだろう。


久々の投稿(陶炎祭)

今日の一冊 『風の歌を聴け』

2016年、あけましておめでとうございます!

三鷹のマルシェに出展!「笠間のやきものと秋の味覚を愉しむ」 10月26日(日)・13時~

10/26(日)開催!「~住んでるトコと故郷をつなぐ~ トカイ⇔ジモトの「Oターン起業」を育むギャザリング」

交流型まち活シンポジウム2014「会社で働きながら地域とつながる」(7/19・土)

交流型まち活シンポジウム2014「会社で働きながら地域とつながる」(7/19・土)に登壇します

好齢ビジネスパートナーズ 月例朝活(2014.4.6) ~バリアフリー実現の場とし てのFabLab~

はじめてのおつかい2

はじめてのおつかい

石の百年館(1990-2010)

石の百年館 開館